妊婦はお葬式に行っちゃダメ?

妊娠中はお葬式に行かない方がいいと言われています。
これは、昔の女性は妊婦でもお葬式に行ったら、炊事や接待など長い時間働かなくてはいけなかったため、無理をさせないように言われ始めたことだという説があります。

また、昔はどのような原因で亡くなったかが分からなかったため、妊婦が死者の近くに行って疫病に感染して亡くなったり、流産することも多かったようです。
当時はそれが悪霊の仕業のように言われていたため、妊婦がお葬式に行くのは良くないこととされたようです。

今ではお腹の大きい女性がお葬式に行っても、炊事や接待を手伝わされることなどありませんし、よくわからない病気がうつってしまうということもないので、妊婦が行っても大丈夫です。
近しい方が亡くなって、どうしてもお別れしたいという場合もあるはずなので、行ってはいけないということはありません。

ただし、年配の方の中には妊婦がお葬式に行くことを心配する人もまだたくさんいらっしゃいます。
そういう方からすると、それは非常識ともとられるため、本当に近い関係の方とのお別れに限って行く方がいいでしょう。

ISO27001の要求事項(4-1、一般要求事項)

ISO27001の要求事項(4-1、一般要求事項)

ISO27001の規格要求事項の「4」は、情報セキュリティマネジメントシステムについてです。

ISO27001のマネジメントシステムを構築するための基本となっている、PDCAサイクルや、システムの運用で発生する文書や記録などの管理について要求される項目です。

リスクマネジメントの内容もこの項目に含まれています。
ここでは、「4-1(一般要求事項)」について記述します。

4-1の一般要求事項は、特に重要な項目は無いのですが、組織の活動全般や起こりうるリスクに対して考え、文書化したISO27001のシステム構築をしなさいということを要求している項目です。

要求事項を全て文書化しなさいといっているわけではなく、事業活動で発生しうるリスクを考慮した上で、必要なものを取り出して導入しなさいというものです。

そのため、要求事項が自社にとって必要なものかどうかを判断する必要があり、その判断によってその後の業務が効率化できるかどうかが変わってきます。

ISO27001の規格改訂によって、内容も変更になっております。ISO27001の認定を受けようとする方はお気を付け下さい。

汗を流して運動不足も解消!ストレスも解消!